公開履歴

女性が、男性任せにしなくても、自らの意思で妊娠の危険性を回避できる避妊薬であるピル、最近は低用量ピルもいろいろな種類のものが取り扱われるようになっており、副作用に悩まされることなく、自分の体質にぴったりくる避妊薬を見つけることができるようになっています。
ピルはきちんと飲み忘れることなく服用すれば、避妊効果は限りなく高く、望まない妊娠を防ぐことが出来ます。

さてこの避妊薬のピルは、避妊以外にも様々な治療に使われることがある薬で、女性に取ってはまさに救世主ともいえる素晴らしい薬です。
ホルモン剤として認識されることも多く、がんを引き起こす危ない薬といった誤った情報を持ち合わせている女性もいますが、前述したような低用量ピルであれば、まずそのような心配はありません。
それどころか処方に当たっては、定期的な婦人科検診が必要となるので、最近声高に叫ばれている子宮がん検診も、服用していない女性よりも頻繁に受ける習慣がつきます。
そして、女性に取っては切り離して考えられない生理が、格段に楽に過ごせるようになるというメリットがあり、生理痛がひどい、生理周期が安定しない、経血の量が半端ではないくらい多い、といった悩みをすべて解決してくれます。
経血量が多く、今までは下着や洋服まで汚していたという女性でも、普通サイズのナプキン一枚で事足りるほど量が少なくなったり、生理がまるでカレンダーのように一日の狂いもなくやってくるので、旅行やイベントの行事が組みやすくなったという方もいます。
そして最近よく聞かれている大人ニキビに悩まされる女性にも非常に効果があるといわれています。

この大人ニキビは、男性の髭の生える部分と同じ、口周りや顎周辺、フェイスラインや首にできることからもわかるように、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまいます。
男性ホルモンが過剰に分泌されるようになり、皮脂つまりを起こしてニキビが発生してしまっているので、ピルを服用し少なくなってしまった女性ホルモンを補うと、男性ホルモンが抑えられ、皮脂分泌が少なくなっていきニキビが改善していくといわれています。

頑固な大人ニキビに悩まされている女性たちが、ニキビ治療として低用量のピルを処方されることも多く、美肌効果が非常に高い薬です。

そして、閉経前後の女性たちが悩まされる更年期障害の治療にも使われることがあり、女性ホルモンを補うことにより、様々な辛い更年期の症状を緩和させることが出来るといわれています。

記事一覧
避妊薬による副作用とは 2019年10月01日

避妊薬というのは大変便利なものであり、現在外国だけに限らずこの日本においても若者達を中心として活発に利用されています。何故なら若者達というのはとにかく絶対に避妊を失敗させたくないと考えていることがほとんどである為、コンドームに替わる手段、或はコンドームと併用する形の別の避妊方法を求めているからです。...

避妊薬のピルでお肌の調子UP効果が期待できます 2019年09月01日

独身の女性や既婚の女性も、妊娠を望んでいない場合はきちんと避妊をしておく必要があります。性行為の時にコンドームを装着しているカップルが多いですが、男性が射精の直前に装着をすると精液が膣内に入ってしまう場合がありますし、ゴムは耐久性が強くないため、破損をしてしまうことが多いです。避妊薬の低用量ピルや中...

避妊薬で生理痛改善効果がある理由 2019年08月16日

経口避妊薬は、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンを主成分とする薬で、このホルモンの作用で妊娠を防ぐ効果があります。排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えて受精卵が着床しにくくしたり、子宮頸管粘液を変化させて精子の侵入を阻止するという3つの作用の相乗効果で、高い確率で妊娠を防ぎます。経口避妊薬には、...

避妊薬を使用する生理不順改善方法 2019年08月04日

生理不順とは、毎回出血の量や生理の期間にバラツキのある状態になります。通常の生理は25~38日周期、月経の期間は3~7日間が正常とされています。この周期が24日以内または39日以上の場合により生理不順と見なされて注意が必要となります。また、経血が極端に少なかったり多かったりする場合にも何らかの異常が...