• ホーム
  • 避妊薬の服用によるむくみのリスクと解消法

避妊薬の服用によるむくみのリスクと解消法

避妊薬は一般的に低用量ピルと呼ばれ、女性にとっては、避妊や生理痛の緩和、生理不順やニキビの改善など幅広く活躍する薬ですが、ピルを服用すると太ると思っている女性も少なくありません。
ピルには、女性ホルモンが含まれていますが、長期間使用することで妊娠中と同じような状態になります。
そのため避妊やその他の症状のを改善することができますが、ホルモンが変化することで、食べ過ぎたり、むくみやすくなってしまい、結果体重が増加してしまうことがあります。
避妊薬に含まれる女性ホルモン量は少ないので、避妊薬によって太るわけではなく、ただ食欲が増進したことで、食べ過ぎて太るのが原因です。
食べ過ぎて太る場合には、食事制限をすればおさえられますし、むくみはマッサージをしたり、軽い運動をすることで改善することができます。

もともとピルを飲むことで、妊娠した状態になっているわけですから、妊婦と同じように食事制限や軽い運動は必要になってきます。
昔と違い今の妊婦は太りすぎると医師からも注意されますから、同じことです。
むくみは女性に多い悩みで、特にピルを服用すると起こりやすい症状です。
むくみは体内の水分が溜まった状態ですから、マッサージとともにタンパク質を摂り、甘いものを控えるようにしましょう。
またそれでも解消されない場合には、ピルの服用をやめるか、それができない場合には医師に相談してピルの種類を変えてもらうと良いでしょう。

ピルは、避妊だけでなく重い生理痛などに苦しむ女性の生活の質を劇的に向上させる反面、リスクも伴います。
頭痛や吐き気などの副作用の他に、血栓症のリスクが高くなる場合もあります。
特に喫煙や肥満、高年齢に該当する人は発症のリスクが高くなるので、服用する際には十分注意することが大切です。