• ホーム
  • 避妊薬を使用する生理不順改善方法

避妊薬を使用する生理不順改善方法

カプセルとすり鉢

生理不順とは、毎回出血の量や生理の期間にバラツキのある状態になります。
通常の生理は25~38日周期、月経の期間は3~7日間が正常とされています。
この周期が24日以内または39日以上の場合により生理不順と見なされて注意が必要となります。
また、経血が極端に少なかったり多かったりする場合にも何らかの異常が考えられます。

生理不順の多くの原因は、ストレスやダイエット、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れ、卵巣を酷使しているなどのことが考えられます。
この生理不順を放っておくと、骨粗しょう症や不妊症などのリスクを高めてしまったり、女性ホルモンが崩れたことによって更年期障害と同じ症状が現れたり、女性特有の病気にもかかりやすくなるなどのデメリットも発生してしまいます。

この生理不順改善を目指すために有効なのが、避妊薬として使われる女性ホルモン剤になります。
女性の繁殖機能を司る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが含まれており、これによって排卵を抑制します。

避妊薬として以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに使用されている薬です。
低用量のものが開発されていますが、体質によっては体重の増加や偏頭痛、吐き気や嘔吐、イライラにむくみなどの症状が現れる場合があります。
避妊薬が体質に合わない場合の生理不順改善方法としては、体を冷やさない、三食しっかりと栄養バランスの良い食事をとるようにする、ストレスを溜めずに早寝早起きを心掛けて、運動を行うなど女性ホルモンのバランスを整えるようにすることが大切です。
それでも生理不順改善ができない場合や生理が3ヶ月以上来ないときには医師に相談することが大切です。